大会要項

主催 一般社団法人 京都府サッカー協会
主管 京都府フットサル連盟
競技方法 1回戦総当り戦(マルチボール方式、各部12チーム)

〔3部〕
 6チーム以下の編成ブロックの場合は2回戦総当りのリーグ戦を行う。
 15チーム以上の場合は2ブロックで総当り戦を行う。
 17チーム以上の場合は複数ブロックで総当り戦を行う。
 ※2ブロック以上の場合は順位決定戦を行う。

〔女子〕
 6チーム以下の編成ブロックの場合は2回戦総当り戦を行う。
試合時間 1部・2部の競技時間は前半20分、後半20分のプレイングタイムとし、ハーフタイムのインターバルは10分とする。
3部・女子の競技時間は前半15分、後半15分のプレイングタイムとしハーフタイムのインターバルは5分とする。
1・2・3部・女子共、同点の場合の延長戦、PK 戦は行わない。
競技規則 大会実施年度の「フットサル競技規則」による。
尚、本リーグ戦途中において規則の改正が行われた場合は、京都府フットサル連盟(以下、「本連盟」という。)からの通達をもって施行する。
参加資格
  • 京都府内に所在地を有し、本連盟に加盟し連盟規約及び本要項を遵守する8名以上の選手で構成されたチームに限る。
  • チームは(財)日本サッカー協会フットサル大会登録票に必要事項を記入し、一部を京都府フットサル連盟に提出すること。
  • 女子リーグにおいては第1項のチームに所属する2006年4月1日以前に生まれた選手であること。男子の登録は認められない。
  • 尚、チームは選手・スタッフのうち、京都府在住・在勤の者が2名以上在籍していること。また、登録選手の半数以上が2018 年JFA フットサルチーム登録において京都府に登録された選手でなければならない。
選手資格 16歳以上(性別・経験不問)でチーム登録済みの選手で、他の都道府県リーグ、地域リーグ及び日本フットサルリーグ(Fリーグ)のチームに重複して登録されていない者。違反のあったチームは、当該試合については棄権扱いとし、以降の処置は京都府フットサル連盟規律委員会で協議決定する。後日違反が発覚した場合の処置は、京都府フットサル連盟規律委員会で協議決定する。外国籍の選手登録は1チーム4名までとする。ピッチ内は2名までとする。
監督・コーチ 同カテゴリの選手が、別チームの監督・コーチに就任することはできない。
追加登録 選手の追加登録及び登録内容変更は、京都府フットサル連盟リーグ担当委員会に申請、許可を受けること。
他リーグ及び他の都道府県連盟加盟チームからの移籍についても同様に申請、許可を受けるものとする。
  • 新規追加 : 追加登録票を本連盟リーグ担当委員長に提出してから7日間後原則出場できる。
  • 移籍登録 : 上位リーグに移籍は追加登録票をリーグ担当委員長に提出してから14日後原則出場できる。下位リーグに移籍は追加登録票をリーグ担当委員長に提出してから30日後原則出場できる。
  • 削除登録 : 削除登録票をリーグ担当委員長に提出してから1日後に原則削除される。
ユニフォーム・用具
  • 統一された濃淡2種類以上のユニフォームを登録すること。
  • ユニフォームのうち、シャツにはチーム名またはチームエンブレム(あるいはその両方)および選手番号がついていること。(詳細は、別紙「JFA ユニフォーム規程2018年4月施行版」を参照のこと)
  • アンダーショーツはスパッツに限り(ショート、ロング共に)使用可。スパッツの色は、ショーツと同色でなければいけない。タイツとみなされた場合の使用は認めない。
  • 靴:靴底はフラットであり、接地面の色が飴色、白色もしくは無色透明、インドア用のフットサルシューズのみを使用可能とし、ノンマーキングシューズであっても本規程以外の色であれば使用できない。(靴底の一部カラーは不可)
    監督、コーチ、マネージャー等のチームスタッフについても同様の物を着用すること。
  • 本年度の公益財団法人日本サッカー協会競技規則を適用する。
  • ユニフォームの広告表示については、公益財団法人日本サッカー協会「ユニフォーム規定」に基づき承認された場合のみ是を認める。ただし広告表示により生じる会場などへの広告掲出料の経費は当該チームで負担すること。
  • フィールドプレーヤーとして試合に登録された選手がゴールキーパーに代わる場合、その試合でゴールキーパーが着用するシャツと同一の色彩及び同一のデザインで、かつ自分自身の背番号のついたものを着用すること。
  • パワープレーを行うチームのフィールドプレーヤーのジャージまたは、シャツは、自チームのゴールキーパーと同一の色彩及び同一のデザインとする。
  • 靴紐を結ばないタイプの紐は使用可能(選手、審判、スタッフ等)
選手数など 登録選手数は8名以上20名以内とし、各試合の選手登録は14名までとする。
役員登録数は1名以上10名以内とし、各試合の監督・コーチ・スタッフ登録は4名以内とする。
警告等の措置 警告を3回受けた選手は、自動的に次の1試合を出場停止とする。
退場処分を受けた選手は、自動的に次の1試合を出場停止とし、以降の試合は京都府フットサル連盟規律委員会で協議の上、処分を決定する。
9試合以下のリーグ戦の場合は警告を2回受けた選手は、次の1試合を出場停止とする。
棄権の扱い 試合の2日前までに運営役員に棄権の連絡をした場合は、0-3で棄権したチームの不戦敗とする。その他詳細は、京都府フットサルリーグ懲罰規程を参照
勝点 勝ち=3点、引分け=1点、負け=0点とする。その他設営、撤去、運営の不履行がある場合=京都府フットサル連盟規律委員会で、協議し決定する。
順位の決定 順位は、(1)勝点 (2)勝点が同点の場合は当該対戦成績勝点 (3)得失点差 (4)総得点 (5)勝数 (6)抽選 の順に決定する。
昇降格・入替
  • 1部リーグ上位チームは、関西チャレンジリーグ2018(2019年2月)に出場する権利と義務を有する。
    ※チーム数は変動する場合がある。
  • 各部の1位チームは自動昇格、各部最下位のチームは下部リーグへ自動降格する。
    ※関西チャレンジリーグの本連盟の加盟チームの戦績又はその他により昇格チーム数が増加する場合がある。
  • 各部の自動昇格を除く上位2チームは入替戦に出場する。
  • 各部の自動降格を除く下位2チームは入替戦に出場する。
  • 入替戦へ出場するチーム数、及び対戦形式は関西チャレンジリーグの本連盟加盟チームの戦績又はその他により変動する場合がある。
  • なお、1年間を通じて運営に非協力的なチームは、成績の如何に関わらず次年度の登録は認めない。不測の事態が生じた場合は、京都府フットサル連盟で処置を決定する。
ボールパーソン・記録員等 各チームは、「京都府社会人及び女子フットサルリーグ日程表」に記載の割当に従い、以下の運営員を担当・派遣するものとする。運営に携わる試合中には携帯電話、スマートフォン等の操作は禁止とする。
運営委員 1部チームは、運営委員を2名以上派遣しなければならない。
2部・3部・女子チームは、運営委員を1名派遣しなければならない。
派遣された運営委員は、京都府フットサル連盟競技運営委員の指示に基づき、大会運営を行うものとする。運営委員は所属選手等の援助により、マッチコーディネーションミーティング(MCM)の司会進行、会場の設営、運営ならびに撤去、清掃を行うものとする。
器物破損等 ウォーミングアップ・試合中を問わず、使用施設場内外の器物を破損した場合は、当該チームにて弁済するものとする。
負傷等 移動・ウォーミングアップ・試合中を問わず、場内外で負傷その他の事故が発生した場合は、当該チームが処置を施し、京都府フットサル連盟は一切の責任を負わない。
表彰 各部の優勝チームに表彰状を授与する。
各部の得点王を表彰する。
戦績表 京都府フットサル連盟公式ホームページに掲載する。
参加費 参加費は所定の期日までに指定の口座に納めること。
付則
  • 各チームの責任において、スポーツ安全保険等の傷害保険に加入しておくこと。
  • 喫煙及び飲食は、使用施設所定の場所でのみ可とする。遵守できない場合は、除名も含めた処分の対象となる。
  • 各チームは一般的なマナーを遵守すること。
  • 朝の設営担当チームの集合場所は体育館のコート内とする。(朝9時までに集合)
  • 選手の新規追加、移籍、抹消の際は最新内容の大会登録票を提出すること。
その他
  • 各会場では美化に努めること。スタンドや荷物の置き場所にゴミを残さないこと。
  • 観客席での着替えは不可とする。(必ず更衣室で行うこと)
  • 上記項目に違反したチームは失格となる場合がある。
  • 第1試合のマッチコーディネーションミーティング(以下MCM)は試合30分前より行う。第2試合以降のMCMは前の試合の後半開始時に行う。
  • 本連盟に対し非協力的またはリーグ運営に支障をきたす行為を繰り返すチームには本連盟規律委員会及び理事会で協議し、昇格取り消し降格除名その他の措置をとる場合がある。
  • その他本要項に規定がない不測の事態が生じた場合は京都府フットサル連盟理事会で協議し決定する。
  • 各会場で撤去担当チームが会場のゴミを持ち帰って頂けますようご協力お願い致します。
  • 改正日 2018年7月19日 施行

京都府男子・女子フットサルリーグ 大会要項・補則

参加資格について 京都府社会人フットサルリーグ1 部に参加するチームは、以下の条件を満たすこと。
  1. 16歳以上でフットサル個人登録を済ませた8名以上の選手で構成されたチームであること。
  2. 選手・スタッフのうち、京都府在住・在勤の者が在籍していること。
  3. チーム登録選手のうち、半数以上が2018年フットサル個人登録において京都府に登録していること。
  4. 前年度より京都府社会人フットサルリーグに所属していたチーム(残留チーム)は、チーム登録選手のうち、5名以上が前年度登録選手であることを必要とする。チーム名を変更した場合も同様とする。
  5. 各部のチームは2018年度フットサル審判員有資格者を下記に記載の規定人数を有すること。
  6. 年度途中で上記の条件を満たさないことが発覚した場合は、降格・除名も含めた処分の対象となる。
審判に関して 京都府社会人フットサルリーグ1 部に参加するチームは、以下の条件を満たすこと。
  1. 1部リーグの主審・2審・3審は審判委員会で、タイムキーパーは帯同審判で全試合行う。ただし当日審判員が確保できない場合は、帯同審判により試合を進行する。したがって各チームは、審判員有資格者1名以上を各節に確保すること。確保できない場合は、チームの責任で他から確保すること(他府県の審判は登録しないとできない)。1部リーグ所属チームは審判員有資格者3 名以上を確保すること。(F3級1名以上、F4級2名以上)
  2. 2部リーグの主審は審判委員会で、2審・3審・タイムキーパーは帯同審判で全試合行う。ただし当日審判員が確保できない場合は、帯同審判により試合を進行する。したがって各チームは、審判員有資格者2名以上を各節に確保すること。確保できない場合は、チームの責任で他から確保すること(他府県の審判は登録しないとできない)。2部リーグ所属チームは審判員有資格者3 名以上を確保すること。(F4級3名以上)
  3. 3部リーグの主審・副審・3審は帯同審判で全試合行う。したがって各チームは、審判員有資格者2名以上を各節に確保すること。確保できない場合は、チームの責任で他から確保すること(他府県の審判は登録しないとできない)。3部リーグ所属チームは審判員有資格者4名以上を確保すること。(F4級4名以上)
  4. 女子リーグの主審は審判委員会で、2審・3審は帯同審判で全試合行う。ただし当日審判員が確保できない場合は、帯同審判により試合を進行する。したがって各チームは、審判員有資格者1名以上を各節に確保すること。確保できない場合は、チームの責任で他から確保すること(他府県の審判は登録しないとできない)。女子リーグ所属チームは審判員有資格者2名以上を確保すること。(F4級2名以上)
*有資格者は、写真を張り付けた審判員証または、電子審判員証を印刷したもの及びエンブレム・ワッペンを必ず持参すること。エンブレム・ワッペンはレフェリーシャツに縫い付けるか、マジックテープで貼り付けできるようにしておくこと。
選手の追加登録(新規・移籍)について 各部リーグ第1節(2018年4月)以降の選手の登録を、追加登録という。追加登録はその形態によって、新規追加登録と移籍追加登録の2種類に分けられ、それぞれ異なる手続きを必要とする。
  1. 新規追加登録
    本年度(2018年4月1日~2019年3月31日)に他チーム(他都道府県リーグ、地域リーグ、Fリーグを含む)に登録されたことの無い選手で、(一社)京都府サッカー協会でチーム登録の手続きを完了した選手の登録を、新規追加登録という。
    A) 新規追加登録の方法
    新規追加登録をする場合は、KICKOFFで選手の追加手続を完了後、「宣誓書(書式10号)」、「フットサル大会選手変更届」、「大会登録票」に記入・捺印の上、京都府フットサル連盟 リーグ運営委員会(以後、運営委員会という)に提出のこと。(FAX不可)
    【提出先】
    〒604-8205 京都市中京区三条町349-2 くろちく六角ビル4F
    (一社)京都府サッカー協会 京都府フットサル連盟 宛
    B) 新規追加登録選手の出場可能日
    前項の書類を(一社)京都府サッカー協会が受理後7日目より出場できる。
    (例:7/3(日)に受理 → 7/10(日)に出場可能)
    C) 新規追加登録の締め切り
    年度内の新規追加登録は、2018年11月30日とする。それ以降の新規追加登録は受け付けない。
  2. 移籍追加登録
    本年度(2018年4月1日~2019年3月31日)に、一度でも他チーム(他都道府県リーグ、地域リーグ、Fリーグを含む)に登録されていた選手の登録を、移籍追加登録という。
    A) 移籍追加登録の方法
    移籍追加登録をする場合は、前登録リーグの登録抹消手続きを完了させた上で、前登録リーグ運営事務局の検印のある「フットサル大会選手変更届」の写し、移籍先の「フットサル大会選手変更届」及び移籍元の「移籍承諾書(書式第4号)」をすべて揃えて競技委員会に郵送にて提出のこと。(FAX不可)
    【提出先】
    〒604-8205 京都市中京区新町三条下ル三条町349-2 くろちく六角ビル4F
    (一社)京都府サッカー協会 京都府フットサル連盟 宛
    B) 移籍追加登録選手の出場可能日
    前項の書類を競技委員会が受理後30日目から出場できる。
    (例:7/3(日)に受理 → 8/1(水)に出場可能)
    ただし、下部リーグからの移籍については、受理後14日目から出場できる。
    C) 移籍追加登録の締め切り
    年度内の移籍追加登録は、2018年11月30日とする。それ以降の移籍追加登録は受け付けない。
    D) 選手の登録抹消について
    登録選手の抹消は、「フットサル大会選手変更届」に記入の上、競技委員会に提出のこと。
    E) (FAX 不可)競技委員会担当者受領日を抹消受付日とする。
    【提出先】
    〒604-8205 京都市中京区三条町349-2 くろちく六角ビル4F
    (一社)京都府サッカー協会 京都府フットサル連盟 宛
    選手番号の変更について
    チーム登録選手内の背番号変更は、「選手番号変更届」に必要事項を記入の上、競技委員会に提出のこと。これは軽微な変更につき、競技委員会担当者受領日即日変更を適用する。(開催当日に変更可)
ユニフォームについて ユニフォームは(財)日本サッカー協会制定の「ユニフォーム規程」に準ずる。ユニフォームに広告を掲示する場合は、「ユニフォーム広告掲示申請書」に必要事項を記入の上、(一社)京都府サッカー協会に提出のこと。やむを得ずユニフォーム規程に則していないユニフォームを一時的に使用する場合は、「ユニフォーム変更猶予申請書」に必要事項を記入の上、京都府フットサル連盟に提出のこと。パワープレーの際、フィールドプレイヤー(以下FP)がゴールキーパー(以下GK)として出場する場合は、当該試合で使用しているGKシャツと同じ彩色及び同じデザインのシャツで出場すること。パンツ及びソックスについてはFPのものでよい。試合中FPがGKを行う場合で、その選手の番号の付いたGKと同じ彩色及び同じデザインのシャツが用意出来ない場合には、GKが負傷しプレーの続行が困難になった場合及びGKが退場処分になり控えのGKがいない場合に限り、両FPと色彩の異なるその選手の番号が付いたシャツか、GKが着用していたGKのユニフォームを使用することが出来る。但し、戦術目的で交代する場合、あるいは他に控えのGKがいる場合は使用出来ない。
ストッキングはテープまたは同様な材質のものを外部に着用する場合、その色は着用する部分のストッキングの色と同じものでなければならない。
ユニフォームの貼り番について ユニフォーム生地に布等を縫い付けて番号等を掲示(通称:貼り番)する場合に、事前に登録されたユニフォームの主たる部分色と同色布地を使用し、掲示される番号についても事前に登録されたユニフォームに取り付けられた番号色と同色にて掲示するものとする。ただし、貼り番号は四辺が縫い合わされていなければならない。
ユニフォームの変更について 登録ユニフォームの変更は、「フットサル大会登録票」に「ユニフォーム変更」と明記の上、チーム名、代表者氏名住所、及び新しいユニフォームの色を記載し、競技委員会に提出のこと。新しいユニフォームの現物を京都府フットサル連盟リーグ担当委員会・審判委員会の双方がチェックし認めた場合、即日変更を適用する。
競技運営 - マッチコーディネーションミーティングについて(以下MCM) 第1試合のチームは試合開始30分前に第2試合以降のチームは前試合の後半開始時に、それぞれMCMを行うので、正副それぞれのユニフォーム・メンバー表、写真を張り付けた選手証または、電子選手証を印刷したものを持参すること。
ビブスについて 交代要員を判別するためのビブスをチームで用意すること。(1部、2部はチーム持参。3部は連盟が用意。ユニフォームのシャツの色彩と異なる色であること。)
会場設営・撤去について 設営・撤去は、各部の日程表に記載がある運営担当チームが各チーム5名以上派遣すること。設営の開始時間は体育館の場合体育館の開場時刻、民間施設の場合AM9時とする(都度日程表を確認すること)。会場の撤去・清掃は原則として最終試合の両チーム全員で、速やかに行う(最終撤去時のゴミの持ち帰りは撤去担当の2チームが持ち帰ること)。
競技中の飲水について ピッチ内での飲水は認めない。飲水が必要な選手は自由な交代を利用して自陣のベンチ(シート上)において飲水する。ただし、施設内の取り決め・施設管理上の規定がある場合は、それに従うものとする。飲水できる飲料は水とし、スポーツドリンク・お茶等の飲料は認めない(糖分などの含まれるものはこぼれた時にふき取りに時間がかかりゲーム進行に影響が出る為、体育館の禁止規定にも関わる)。民間施設使用時においても、「リーグ戦時の施設使用に際しての意識浸透」の目的も兼ねて水のみとする。
荒天や悪天候の場合 荒天や悪天候の場合は当日の午前7時00分の時点で開催又は延期の決定、7時15分迄に連絡担当者へメール連絡をする。延期の場合、振替日等の設定等は後日、連絡担当者へ連絡する。
問い合わせ先:070-6924-2036 リーグ担当 佐野
施設の使用について 体育館・民間施設使用の際は、各施設の利用規定に従うこと。特に下記項目に関してはチーム所属メンバーへの周知徹底すること。違反したチームは、全試合終了後に体育館の全面の雑巾がけをすること。
  1. ゴミ・ペットボトルなどは必ず持ち帰る。(体育館内、駐車場などのゴミ箱には入れないこと。)
  2. 体育館・施設付近のゴミ箱についても上記と同様である。
  3. 靴の履き替えが必要な施設は、履き替えを徹底すること。
  4. 観客席その他公衆の面前で裸にならないこと。着替えは必ず更衣室で行うこと。
  5. 喫煙場所以外で喫煙しないこと。
  6. 使用当該体育館・施設の独自規則、運営側からの注意についても必ず守ることを所属選手・関係者・応援者まで周知徹底すること。
  7. その他、使用する施設は公共施設であることを念頭に置き、他の利用者の迷惑にならないよう心がけること。
    公序良俗・一般常識に則り、施設の開放に繋がるよう各チームに協力を求める。
附則
  1. 上記、各項目に関して違反のあったチーム、又は非協力的なチームは、京都府フットサル連盟規律委員会に諮り、罰則・処分を受けることもある。リーグ戦の途中であってもチーム登録抹消の場合もある。また本連盟規律委員会及び、(一社)京都府サッカー協会規律・フェアプレー委員会の決定は、大会要項・上記規程・補則にかかる事項であっても、優先されるものとする。
  2. 各リーグに関しては各試合に於いての質問や異議等は、必ず会場責任者を通すこと(試合終了後40分以内)
  3. 登録選手及び役員が試合前の選手チェックに間に合わなかった時の途中参加は、前半途中で来た選手及び役員は、ハーフタイム中の主審によるチェックが完了後、後半からベンチ入り可。後半途中で来た選手及び役員はベンチ入り不可。
  4. 上記以外の不測の事項については、大会要項と同様に京都府フットサル連盟で協議決定する。
  • 改正日 2018年7月19日 施行