大会要項

主催 一般社団法人 京都府サッカー協会
主管 京都府フットサル連盟
競技方法 1回戦総当り戦(マルチボール方式)

〔3部〕
 6チーム以下の編成ブロックの場合は2回戦総当りのリーグ戦を行う。
 15チーム以上の場合は2ブロックでリーグ戦を行う。

〔女子〕
 6チーム以下の編成ブロックの場合は2回戦総当りのリーグを行う。
試合時間 1部・2部の競技時間は前半20分、後半20分のプレイングタイムとし、ハーフタイムのインターバルは10分とする。
3部・女子の競技時間は前半15分、後半15分のプレイングタイムとし、ハーフタイムのインターバルは5分とする。
1・2・3部・女子共、同点の場合の延長戦、PK戦は行わない。
競技規則 公益財団法人日本サッカー協会制定の平成26年度フットサル競技規則による。
尚、本リーグ戦途中にルール改正が行われた場合は、本連盟からの通達をもってこれを施行する。
チーム資格
  • 京都府内に所在地を有し、本連盟に加盟し連盟規約及び本要項を遵守する8名以上の選手で構成されたチームに限る。
  • チームは公益財団法人日本サッカー協会フットサル大会登録票に必要事項を記入し、一部を京都府フットサル連盟に提出すること。
  • 尚、チームは選手・スタッフのうち、京都府在住・在勤の者が2名以上在籍していること。また、登録選手の半数以上が2014年JFAフットサルチーム登録された選手でなければならない。
選手資格 16歳以上(性別・経験不問)でチーム登録済みの選手で、他の都道府県リーグ、地域リーグ及び日本フットサルリーグ(Fリーグ)のチームに重複して登録されていない者。違反のあったチームは、当該試合については棄権扱いとし、以降の処置は京都府フットサル連盟規律委員会で協議決定する。後日違反が発覚した場合の処置は、京都府フットサル連盟規律委員会で協議決定する。外国籍の選手登録は1チーム3名までとする。ピッチ内は2名までとする。
監督・コーチ 同カテゴリの選手が、別チームの監督・コーチに就任することはできない。
追加登録 選手の追加登録及び登録内容変更は、京都府フットサルリーグ運営委員会に申請、許可を受けること。他リーグ及び他の都道府県連盟加盟チームからの移籍についても同様に申請、許可を受けるものとする。
  • 新規追加 : 追加登録票を運営委員長に提出してから7日間後原則出場できる。
  • 移籍登録 : 上位リーグに移籍は追加登録票を運営委員長に提出してから14日後原則出場できる。下位リーグに移籍は追加登録票を運営委員長に提出してから30日後原則出場できる。
  • 削除登録 : 削除登録票を運営委員長に提出してから1日後に原則出場できる。
ユニフォーム
用具
  • 統一された濃淡2種類以上のユニフォームを登録すること。
  • ユニフォームのうち、シャツにはチーム名またはチームエンブレム(あるいはその両方)および選手番号がついていること。(ユニフォームに関する詳細規定は、別紙「大会要項補足」を参照のこと。)
  • アンダーショーツはスパッツに限り(ショート、ロング共に)使用可。スパッツの色は、ショーツと同色でなければいけない。タイツとみなされた場合の使用は認めない。
  • 使用するシューズは、フットサルシューズで靴底は飴色、白色、無色透明とする。靴底のイボイボは不可。スパイクのサッカーシューズは認めない。監督、コーチ、マネージャー等のチームスタッフについても同様の物を着用すること。
  • 本年度の公益財団法人日本サッカー協会競技規則を適用する。
選手数など 登録選手数は8名以上20名以内とし、各試合の選手登録は14名までとする。1度にベンチ入りする監督・コーチを含むスタッフは4名以内とする。
警告等の措置 警告を累積3回受けた選手は、自動的に次の1試合は出場停止とする。退場処分を受けた選手は、自動的に次の1試合は出場停止とし、以降の試合は京都府フットサル連盟規律委員会で協議の上、処分を決定する。
棄権の扱い 試合の2日前までに運営役員に棄権の連絡をした場合は、0-5で棄権したチームの不戦敗とする。2回も連絡を怠り棄権したチームは、リーグより除名し、以降の試合は行わず、その戦績は抹消する。
勝点 勝=3点、引分=1点、負=0点とする。
順位の決定 順位は、(1)勝点 (2)勝点が同点の場合は当該対戦成績勝点 (3)得失点差 (4)総得点 (5)勝数 (6)抽選 の順に決定する。
昇降格・入替
  • 1部リーグ上位2チームは、関西チャレンジリーグ2015(2016年2月)に出場する権利と義務を有する。※チーム数は変動する場合がある。
    また、順位によって以下の通り昇格・降格するものとする。
    最下位のチームは、2部に自動降格する。
    関西からの降格がある場合、その数と同数の下位チームが自動降格する。
    関西への昇格がある場合、その数を相殺するものとする。
  • 自動降格を除く下位から2番目のチームは2部リーグの自動昇格を除く最上位チームと、自動降格を除く下位から3番目のチームは3部リーグの自動昇格を除く2番目の上位チームと、それぞれ入替戦を行う。3部リーグ下位4チームは入替戦を行う。
    なお、上記に当てはまらない場合、不測の事態が生じた場合は、京都府フットサル連盟で処置を決定する。
ボールボーイ
記録等
各チームは、別紙「京都府社会人及び女子フットサルリーグ日程表」に記載の割当にしたがい、以下の運営員を担当・派遣するものとする。
運営委員 各チームは、運営委員を1名選任しなければならない。選任された運営委員は、京都府フットサル連盟競技運営委員の指示に基づき、大会運営を行うものとする。運営委員は所属選手等の援助により、会場の設営、運営ならびに撤去、清掃を行うものとする。
器物破損等 ウォーミングアップ・試合中を問わず、使用施設場内外の器物を破損した場合は、当該チームにて弁済するものとする。
負傷等 移動・ウォーミングアップ・試合中を問わず、場内外で負傷その他の事故が発生した場合は、当該チームが処置を施し、京都府フットサル連盟は一切の責任を負わない。
表彰 優勝チームに表彰状を授与する。
戦績表 京都府フットサル連盟公式ウェブサイトに掲載する。
参加費 参加費(別途ご案内)は所定の期日までに指定の口座に納めること。
付則
  • 各チームの責任において、スポーツ安全保険等の傷害保険に加入しておくこと。
  • 喫煙及び飲食は、使用施設所定の場所でしかできないこととする。遵守できない場合は、除名も含めた処分の対象となる。
    各チームは一般的なマナーを遵守すること。本要項に記載のない事項、また、不測の事項については、京都府フットサル連盟で協議決定する。
    役員はフットサルシューズおよび体育館シューズのみとする。(スリッパ禁止)
  • 朝の設営担当チームの集合場所は体育館のコート内とする。(朝9時までに集合)
  • 選手の新規追加、移籍、抹消の際は最新内容の大会登録票を提出すること。